教員・保護者向けニュース

[2月15日] 札幌市立大学 / デザインと看護が連携し、人を学び、人を育む

札幌市立大学はデザイン学部と看護学部の2学部を有し、「人間重視」「地域貢献」を教育理念に、デザインと看護分野における高い実践能力を持つ人材を育成している。
また、異分野による横断型連携教育を通して、コミュニケーション能力、協調性、柔軟性を養う。

両学部では、造形基礎実習(デザイン学部)や看護初期実習(看護学部)など、1年次から実習を含む専門教育科目を学ぶことにより、専門職能意識の向上を図っている。
デザイン学部では、2年次後期から「空間」「製品」「コンテンツ」「メディア」の4つのデザインコースに分かれ、人間中心の視点と感性を重視した各分野の専門知識や技術を習得し、デザインの力で課題を解決できる人材を育成する。
看護学部では、保健・医療・福祉の現場で求められる的確な看護を実践するための専門知識・技術に加え、人間性を尊重した対人関係形成能力を兼ね備えた、地域に貢献できる看護のスペシャリストを養成する。

<本件に関するお問い合わせ>
札幌市立大学学生課
TEL:011-592-2371

▼最近のエントリ

▼カテゴリ

My Page

▶会員ID・パスワードを忘れた方はコチラ

資料請求カート

資料請求カートにいれるとまとめて資料を請求できます。

▶現在のカートの中身は、0件です。
  • 北海道情報専門学校 右部バナー広告
  • 北海道情報大学 右部バナー広告
モバイル版アドバンス|ケータイがあればどこでも見られる、便利なモバイル版サイトもぜひ、利用してね!